最安値の格安SIMはどれ?お使いのスマホ代を安く済ませるために見ておこう!

「スマホ代を安くすることが出来る!」

そう言われるとちょっと気になりませんか?

格安SIMはアナタが今お使いの毎月のスマホ料金を抑えて、節約していくことが出来ます。

そのため、今や格安SIMもかなり多くの種類から選ぶことが出来ますが、一体どこが最安値で利用できるのかが気になるところ。

そこで今回、キャリアごとの格安SIMの最安値を、音声通話付き・データ通信のみの2つの料金プランごとに紹介していきたいと思います。

格安SIMの最安値を見る前に知っておきたいこと

早速最安値を紹介…したいところですが、実は格安SIMを最安値で利用したとしても、以下のポイントを押さえておかないと、結局高くつく…なんてことがあります。

「格安SIMにしたのに料金が変わらない(高くなった)」
「使い勝手が悪くなった」

なんてことが起きないように、注意しておくようにしましょう。

端末のキャリアに合わせた格安SIMを選ぶこと

格安SIMは基本的に、au・docomo・Softbankといった、大手キャリアから回線を借りて提供しているものです。

そのため、端末に合わせた回線を利用しないと、そもそも利用することが出来なかったり、通信状態が悪くなってしまったりすることがあります。

そうならないためにも、格安SIMを選ぶときはあくまでも、キャリアに合った格安SIMに絞ってみていくようにしましょう。

端末代の支払が残っているか確認しておこう

また、今アナタがお使いのスマホは、基本的に大手キャリア(au・docomo・Softbank)で購入できる端末のはず。

中でも特に最新モデルを使っている時、月々の料金プランに加えて端末の分割支払い分があることも考えられます。

そのため、格安スマホを選ぶときは料金の内訳を確認し、端末料金代を考慮して安いかどうか判断するようにしましょう。

キャリア別に格安SIMの最安値を探してみた!

注意点を簡単に抑えたところで、ここからは本題の格安SIMの最安値を紹介していきたいと思います。

今回は各キャリア(au・docomo・Softbank)回線の格安SIMの最安値を紹介していくので、気になったら是非利用を検討してみてくださいね。

au回線の格安SIMの最安値はコレ!

au回線を利用した格安SIMの中で最安値なのは、ズバリ『mimeo(マイネオ)』です!

最安値価格 【デュアルタイプ】※音声通話付き
月額:1,310円~
【シングルタイプ】※データ通信のみ
月額:700円~
データ容量 500MB~30GB
通信速度 やや早い

mimeo(マイネオ)はデータ容量をほかのマイネオユーザーとシェアできる、独自サービスが特徴的な格安SIMとなっています。

ユーザー全体で余ったデータ容量を貯めたり、もらったりできるフリータンク制度や、家族や友人とシェアもできる『パケットギフト』など、有効活用できれば価格を抑えてもデータ容量に困ることは、ほぼないと言っていいでしょう。

500MBから30GBまで6種類の料金プランがあり、自分に合った料金プランを選ぶことが出来るのもうれしいポイントですね。

docomo回線の格安SIMの最安値はコレ!

docomo回線を利用した格安simの中でも、最安値となっているのは『nuroモバイル』です。

最安値価格 【Sプラン(D)】※音声通話付き
月額1,400円~
【Sプラン(D)】※データ通信のみ
月額:700円~
データ容量 2GB~
通信速度 遅い

nuroモバイルと言われてもあまりピンとこない方は多いと思いますが、こちらの格安SIMはソニーの子会社である『ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社』が提供している格安SIM。

月額1,400円で2GBまでと、最安の格安SIMの中でも容量がやや多いのが魅力的ですが、通信速度は結構遅めです。

ただ、専用アプリを利用すれば基本料金が半額にすることが出来たり、転送電話が無料で利用できたりと、スマホとして最低限の利用が出来ればよいという方なら大丈夫でしょう。

Softbank回線の格安SIMの最安値はコレ!

Softbank回線を利用した格安SIMで最安値となっているのは、ズバリ『LINEモバイル』です。

最安値価格 【LINEフリープラン】※音声通話付き
月額:1,296円~
【LINEフリープラン】※データ通信のみ
月額:500円~
データ容量 1GB~
通信速度 やや早い

LINEが提供しているLINEモバイル最大の特徴となっているのは、やっぱり『LINE使い放題』と言うところだと思います。

日常的に使うことが多いLINEの無料通話やトーク、タイムライン等といった機能を通信量の制限なく利用できるのはかなり使いやすいポイント。

しかも、月々の支払料金の1%がLINEポイントに変換されるので、提携サービスをお得に使っていくことが出来ますよ。

最安値の格安SIMを選んで損する人

さて、ココまで各キャリアで最安値となっている格安SIMについてお話してきましたが、実は「最安値の格安SIMの恩恵を受けられる人」はある程度限られます。

一体どんな人がより得をするのか、参考のために見ておいてください。

連絡以外でスマホをあまり使わない人

そもそも、大手キャリアの料金プランはスマホで動画を視聴したり、音楽を聴いたりするような、よくスマホを利用する人ほど得をする料金プランとなっています。

その一方で、格安SIMで得をする人は、全く正反対で通話やスマホでの検索をそこまでしない人ほど、恩恵を受けることが出来ます。

つまり、格安SIMをオススメする人は、検索してもウェブページの閲覧位しか利用しない、またはスマホの利用頻度が少ない人ほど得をすると考えていいでしょう。

最新モデルが必須のスマホゲームをしていない人

同じようにスマホゲームをしていない人は、格安SIMの恩恵を受けやすいと言って良いでしょう。

スマホゲームは何かと、最新機種の方が優遇された内容となっていることが多いです。

そのため、スマホゲームをするためにはだいたい2年に1度機種変更をする必要があるため、どうしても格安SIMを利用してもデータ容量が足りなくなりがちですし、端末の料金のことを考えると高くついてしまいます。

スマホゲームも特に行うことなく、型落ちした端末でも充分と言う方は、格安SIMの料金だけで使っていくことが出来るので、より節約できるってワケです。

まとめ

格安SIMは、キャリアごとに最安値となっている商品が違います。

そのため、価格で格安SIMを見るときはまずキャリアがどのようになっているか確認しておくことも重要です。

ただし。

「ほとんどスマホを使わない。料金プランに不満を持っている」

そんな人ほど最安値の格安SIMの恩恵を受けることが出来ますが、それ以外だと通信速度や価格以外のメリットを見てみるのもイイかもしれませんよ。